我輩「も」猫である

名前は「モーセ」と言う。
人間のおかんと出会った時、おかんがちょうど旧約聖書の「出エジプト記」を読んでいた。
そして、おかんが生まれた年に公開されたアメリカ映画「十戒」のDVDを最近レンタルして見終わった後だったので感慨ひとしお・・・・・というところで、つけられた名前である。

エジプトの皇女が川でかごに入れられ流されていた赤子モーセを水から救い上げて育てる話である。

さて、猫の赤子モーセは出会いから2ヶ月あまり。推定生まれて3ヶ月ぐらいだろうか、家に来て先住猫4匹の見守る中、また、人間のおとんにも見守られ、すくすくと成長。
最近は「もーーーー!」の連発、すなわち、モーセのモーは「もーーーーー!」のモー。
つまり、それだけやんちゃ、やりたい放題やってくれると言うわけ。

今日もパソの前に座るおかんにちょっかいを出そうとこのとおり。
「我輩「も」猫である」のバックにご本人登場。
d0158516_14244189.jpg

[PR]

by domontelme | 2010-06-24 14:26