モーにゃん日記



2010年4月24日の出会いから一週間が過ぎた。
今は夜中でも鳴いたらおしっこをさせてミルクを飲ませている。
お皿からミルクを飲むのがうまくいかない。
離乳食もどのようにして食べさせるものか思案にくれている。

先住猫とは折り合いも良く、特にキジトラ、ヒューゴが良く子猫の面倒を見てくれている。いつも傍にいて体を舐めてやったり、しっぽで遊んでやったり、一緒に寝てあげている。同じ柄のせいか一緒にいると親子に見える。

毎日体重が増加。しっかりと速く歩けるようになった。ケージから出すと勢い良く飛び出してくる、と言った感じだ。
家中を探索している。目の前に障害物があると、まず手で触って確かめている。
整った環境で飼育して、栄養のある食べ物を与えたら見えない眼が良くなるのではないかと期待を持ったが、やはり目が見えないのは疑うことの出来ない事実となった。
[PR]

by domontelme | 2010-05-06 06:05